2013年 06月 29日

Kepler Track (手配編)

c0266710_3254178.jpg

かなり気の早い話だが、今年の年末年始(9連休!!)を使って
NEW ZEALANDの“Kepler Track”を歩いてみることにした。

今回はそのキッカケとTrackを歩く為に必要な各種手配の備忘録。






c0266710_331912.jpg

最近〔LONG TRAIL HIKING〕を特集した本や雑誌をよく見かける。
なんとなく眺めては、「いつかは歩いてみたいなぁ~」と漠然と思っていた。
一方、「日本の山ですら数える程度しか登ってないのに、海外なんてまだまだ・・・」
という気持ちと「連休なんて取れない」という現実問題があり、具体的には考えられなかった。

しかし、今年の年末年始は、12/28(土)~1/5(日)で9連休!
久々のLONG VACATION!どこでも行けるではないか(嬉々)!!

一気に現実味が増すものの、そもそも自分は何故海外に行きたいのか?

・見たことのない絶景をこの目で見たい。スケールの大きさを実感したい。
・旅の始まりから終わりまで、海外という非日常の中に身を投じてみたい。


理由は至ってシンプル。




【どこに行くか?】

アメリカのPCT(PACIFIC CREST TRAIL)、JMT(JOHN MUIR TRAIL)、
カナダ、ニュージーランド・・・。どれも魅かれるものの、知識がなく選べない・・・。

そんな中、本屋でふと見つけたPAPERSKYという旅雑誌。

c0266710_8425763.jpg

今号の特集は〔ニュージーランドのロングハイク&ライド〕。
吸い寄せられる様に手に取り、むさぼるように読み込んだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ニュージーランドでは、ロングウォークの旅は特別なことではない。
全土に張りめぐらされたトレイルや、長い距離を移動する旅人への配慮があり、
インフラが整備されているからだ。DOC(Department of Conservation)
という驚くべきシステムにより、全国どこへ行っても管理されたトレイルや清潔な
山小屋、テントサイトがあり、ハイカーたちをサポートしている。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NZ政府観光局のサイトも覗いてみた。
力の入れようがハンパない(笑)。

⇒「ニュージーランド」に決定(単純)!



【どのトラックにするか?】

ニュージーランドには<Great Walk>と呼ばれる9つのトラック(トレイルのこと)がある。
全体的な特徴としては・・・、

・DOCへ事前予約が必要 ・・・ DOC(自然保護省)ウェブサイトから申し込み(夏季のみ)。
・山小屋orテントを要選択 ・・・ 予約時に選択する(場所によっては選択できないところも)。
・コースは基本2~5日間 ・・・ テ・アラロアという全長3,000㌔のトラックもあるがこれは例外。


指定された場所以外にテントを張ってはいけない為、トラックは必然的に人数制限されている。


さて、どうしようか?

答えはすぐ近くにあった。
PAPERSKYに「山と道」の夏目夫妻の記事もあり、「テ・アラロア」のU.L.HIKEの
様子が書かれていたのだが、それをキッカケに「山と道」のブログを拝見したところ、
ケプラートラックも歩いていることを発見!しかも高評価。山岳ルートなのも面白そう。

PAPERSKYの紹介もかなりそそられる(↓)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Kepler Track

日本アルプスの稜線歩きを好むハイカー向き

湖畔から森の道を登りきると、そのトレイルは雲上の稜線歩きへハイカーを誘い、そこから
谷沿いの原生林を進むと、反対側の湖へ降り立つ。全長60km、3泊4日の極上の環状トレイル。
テ・アナウ湖畔からスタートし、湖沿いにしばらく歩くと豊かな森のなかの登山口に入る。
そこから標高差800mの登坂が始まるが、緻密な計算のもと歩きやすく整備されたトレイルの
おかげで、あっという間に高度を上げることができる。森林限界を超えたころ、1泊目の山小屋
ラクスモア・ハットに到着。ここから湖を見下ろす絶景はニュージーランド国内でもトップクラス。
そこからがハイライトだ。まるで北アルプスの表銀座のような、日本の登山者好みの稜線上をゆく、
まさに“地球”を感じることのできる山岳ハイクが続く。1時間ほどのサイドトリップになるが、
トレイル最高地点、標高1,472mのラクスモア山の頂にはぜひ立ち寄ってほしい。
高度を再び下げたあと、初日の森とは違う雰囲気の重厚な原生林に突入する。そして谷を抜けると、
今度はマナポウリ湖の畔に出る。最後に登場する“小さな尾瀬”のような湿原地帯を通り抜けると、
このすばらしいトレイルは終了となる。
登山口すぐの湖畔の街テ・アナウにぜひ1泊を。その静かな美しさに魅了されることだろう。


c0266710_11522645.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



[ルート]
c0266710_11572440.jpg

テ・アナウのコントロールゲートから反時計回りに周回する。


[標高差]
c0266710_11513576.png

・総日数 :  3泊4日
・総距離 :  約60㌔(コントロールゲートから)


一気に現実的になってきた(笑)。
⇒「ケプラートラック」に決定!



【予約する】

c0266710_21151911.jpg

早速、DOCでトラックの予約手続き。



c0266710_21154812.jpg

意外とあっさり出来てしまった。
実感が全く湧かない・・・(苦笑)。


問題は航空券。高すぎる!燃油サーチャージ等、全て含めて往復27万円!!
にも関わらず、JTBの話ではこのフライトは残り5席とのこと(6月時点)。
皆、お金持ってるなぁ。自分にとっては相当高額なのだが・・・。


「じゃあ、今行かなければいつ行くんだ?」
「9連休を取れる機会なんてそうそうない。」
「やらずに後悔するよりやって後悔しよう。」



清水の舞台から飛び降りる気持ちで、支払い手続き完了。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<予約詳細>

□Kepler Track
 ・1日目  :  Luxmore Hut (山小屋泊:NZ$54/人)
 ・2日目  :  Iris Burn (テント泊:NZ$18/人)
 ・3日目  :  Shallow Bay (テント泊:無料)

□航空券  :  JTBで手配 カンタス航空 往復で271,570円/人 (燃油サーチャージ・空港税等全て含む)
□バス   :  Tracknetのローカルバスをネット予約 (クイーンズタウン ⇔ テ・アナウ) NZ$90/人
□宿泊   :  Booking.comでネット予約 (テ・アナウ・クイーンズタウン共に=YHA) NZ$283/3日間
※1NZ$≒80円(2013年6月現在)


<スケジュール>

12/28(土) フライト(機内泊)
12/29(日) クイーンズタウン着 テ・アナウへ移動(バス)
12/30(月) HIKE 1日目
12/31(火) HIKE 2日目
1/1(水)   HIKE 3日目
1/2(木)   HIKE 4日目 テ・アナウ泊
1/3(金)   テ・アナウからクイーンズタウンへ移動(バス)
1/4(土)   フライト(機内泊)
1/5(日)   帰国 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

by ishida1011 | 2013-06-29 22:03 | 山旅 | Comments(0)


<< 霧ヶ峰      山と道 MINI 25L Cu... >>