2014年 02月 08日

Kepler Track (3日目)

c0266710_92074.jpg

谷から湖へ抜ける。苔蒸した森とHappy New Year。

世界遺産「フィヨルドランド国立公園」を3泊4日で周回する
NZ Great Walkの一つ “Kepler Track” 3日目の記録。



<ルート>
Iris Burn Hut Campsite → Moturau Hut → Shallow Bay Campsite


c0266710_0163257.jpg

右上のLake Manapouriへ続く、
CT6.5時間・約19㌔の道のり(赤線を右上へ)。




c0266710_20491546.jpg

1/1(水) 5:50起床。
テント内10℃。外6℃。小雨。

森の中で鳥たちが一斉に鳴く声で目が覚めた。
さえずりというより大音量目覚まし時計レベル(笑)。




c0266710_2050168.jpg

朝食はおしるこ。

入国審査時に説明に苦労した鏡餅の出番だが、
なかなか柔らかくならず・・・。ま、元旦ということで。




c0266710_2051586.jpg

8:30 出発。

昨日痛めた彼女の足首はある程度回復した様子だが、
荷物による負担を考えて、重量物は自分が持つことに。




c0266710_205151100.jpg

何組かのハイカーとすれ違う。

いつもの“Hi”や“Hello”の挨拶に加えて
皆、口にするのは“Happy New Year!”

新年の実感は全くナイけど、なんかイイなぁ。




c0266710_225660.jpg

「明けましておめでとうございます」

後ろを振り返ればU.L.ハイカーOさん夫妻。
「昨日の雪は大変でしたね~」お互い労い合う。

しばらくOさんと並んで話をしながら進んで行くと、
樹林帯が途切れ、盆地のような開けた場所に出た。




c0266710_20545372.jpg

どこか中国の墨絵のような雰囲気。




c0266710_2054063.jpg

“BIG SLIP”=ココから見えた“落差の大きい滝”のこと、かな。




c0266710_20555777.jpg

再び苔をまとった森に入る。




c0266710_2056532.jpg

何度か渡渉し、




c0266710_215642.jpg

森歩きを繰り返す。




c0266710_1441270.jpg

道はフラット。
山登り<HIKE。




c0266710_205804.jpg

赤布の代わりにある三角形の目印。
道もしっかりしていて迷いようがない。




c0266710_2172233.jpg

次第に苔蒸した森からシダの森へ。
場所によってガラっと植生が変わる。




c0266710_21123944.jpg

道の左右はシダ・シダ・シダ・シダ・・・。




c0266710_1495978.jpg

シダックス!




c0266710_2184973.jpg

ここでハプニング。

霧雨によりカメラのレンズ内が曇って、フィルターがかった状態に。
しまいには電源すら入らず。「壊れてしまった・・・」と凹んでいたが、
ON/OFFを繰り返すと、稀に(1時間に1回位の割合で)ONになる。
まだご臨終ではないようだが、このままでは壊れてしまう可能性大。




c0266710_2193784.jpg

加工しなくても自然にボカシ効果(笑)。
と悠長なことを言ってる場合ではナイ。




c0266710_21153341.jpg

ということで、FUJIFILM XE-1は格納。
彼女のコンデジ(RICOH GX200)に頼る。


歩き続けて6時間。BACKPACKが肩にくい込む。腰も痛い。
右手にマナポウリ湖の波音を聞きながら進む。あともうちょい。




c0266710_21164094.jpg

スーパーマリオになりたい。




c0266710_1502852.jpg

15:00 Moturau Hut着!

この山小屋の真正面には大きな湖があって
一瞬、ビーチリゾートに来たような錯覚に陥る。

ゆっくりしたかったが、我々の目的地はまだ先。
15:30 Shallow Bayのテン場を目指して出発。




c0266710_21195857.jpg

30分程で樹林帯から再びマナポウリ湖へ。
Kepler Trackから外れる為か、道は不明瞭。




c0266710_21224038.jpg

弓なりにビーチ沿いを進む。




c0266710_2123488.jpg

湖は透明度抜群。




c0266710_21255920.jpg

16:00 Shallow Bay Campsite着。

湖畔にテントを設営。テン場は3張のみ。
緑のHILLEBERGは昨日もお馴染みの2人。

黄のシェルターは“Mountain Laurel Design”
珍しい外人U.L.ハイカー。しかも20代位の女性。
カッコイイなぁ。

他にも老夫婦がボートで山小屋に泊まりに来たり。
(この湖で釣ったと言う鱒のムニエルを分けてもらう)
各々が自由に余暇の楽しんでいるのがよく分かる。




c0266710_21264912.jpg

湖の水をセイシェルで濾過してお湯を沸かす。




c0266710_21272334.jpg

カフェオレで乾杯!




c0266710_21275343.jpg

湖を眺めながらノンビリ過ごす。


ちなみにココには天敵“サンドフライ”がいたけど
この時は気付かず。後日痒さで苦しむことに(笑)。

by ishida1011 | 2014-02-08 16:20 | 山旅 | Comments(0)


<< Kepler Track (4日目)      Kepler Track (2日目) >>