2014年 05月 18日

天城山

c0266710_23214217.jpg

5月4日(日)、伊豆の天城山ハイク。

天城山のイメージは、THE演歌 “天城越え”。

-隠しきれない移り香がいつしかあなたに浸みついた
  誰かに盗られるくらいならあなたを殺していいですか-


日頃、先入観やイメージだけで物事を判断しないように気を付けているにも関わらず、
どこか敬遠しているフシがあったのは、やはり潜在的に“天城越え”があったワケで。






c0266710_9105340.jpg

途中、箱根の温泉や伊豆の海の誘惑に負けそうになりながら
登山口に着いたのは11時前。相変わらずのスロースターター。




c0266710_22415125.jpg

樹皮が剥き出しになったようなヒメシャラの木々が至るところに。




c0266710_23252371.jpg

天城山=天城連山を指すらしく、今回はその主峰、万三郎岳を目指す。
標高差356m。経験上、この程度ならJOHNNYもイケると慢心していた。




c0266710_2249553.jpg

が、足の短いJOHNNYにとっては全く優しくない登山道。
ま、犬にとって優しい登山道なんてほとんどナイのだけど。




c0266710_23341256.jpg

ガレ場 ⇒ JOHNNYを担いで登る ⇒ 重たい・・・

一番ツライのは自身の体力の無さを痛感すること(泣)。




c0266710_22512549.jpg

分岐にさしかかると雰囲気は一変。




c0266710_22465041.jpg

拍子抜けする位、なだらかな道に。




c0266710_8143529.jpg

だが、油断していると再び岩場。

上下を繰り返す道に完全にリズムが狂う。
そんな自分を見かねた彼女が背負うの図。




c0266710_2248528.jpg

尾根からはテッペンが浮いているような富士山。
単純だけど富士山が見えるだけでテンション↑↑↑。




c0266710_22343738.jpg

汗ダクになりつつも、ほぼコースタイム通りに登頂!

JOHNNYは早くも昼寝モード。後半は歩いて欲しいな。




c0266710_912823.jpg





c0266710_1632376.jpg

天城山と言えば、“アマギシャクナゲ”が見どころらしい。
5月末がピークとの事。知らなかったけどちょっと悔しい。




c0266710_22532116.jpg

山頂でも気温は約20℃。
眠気を誘うポカポカ陽気。




c0266710_16534762.jpg

昼食後、万三郎岳→万ニ郎岳へと向かう。
(GWの混雑を避け、逆周りルートを選択)




c0266710_23271515.jpg

休憩の度にコックリ、コックリ・・・(案の定)。




c0266710_22541735.jpg

全体的には牧歌的なゆるハイク。
演歌の雰囲気は皆無(当たり前か)。


だが、JOHNNYを担ぐ場面が多かったせいか、足より腕が筋肉痛・・・。
ガッツリハイクに向けて良いトレーニングになった、と前向きに捉えよう。

by ishida1011 | 2014-05-18 19:12 | 山旅 | Comments(0)


<< 那須岳      HOUSE DISH / MO... >>