2014年 10月 08日

〔2日目〕 John Muir Trail

c0266710_08525216.jpg

8月24日(日)、JMT2日目。

標高3,000m付近のウィルダネスに点在するレイクハイキング。
パス(峠)を越える度に目の前に広がる紺碧はまさにオアシス。





〔2日目行程:約16km〕

トリニティレイク(テン場) → グラディーズレイク→シャドーレイク →
ガーネットレイク → ルビーレイク → サウザンアイランドレイク(テン場)


c0266710_2030026.jpg
6:30起床。テント内気温3℃。

昨晩就寝前は8℃あったが朝方に少し冷えた。
7:00、陽が差し込んでノソノソと動き始める。





c0266710_2030265.jpg
すっかり体力回復した様子の妻(ホッ)。





c0266710_20304932.jpg
朝食=アルファ米 in お茶漬け(2袋分)+ ほたて塩焼き。
朝からカロリーと水分、塩分を補給できて一石三鳥。80点!





c0266710_20331216.jpg
8:30出発。

体力がリセットされた我々にとっては登り坂も楽勝。
サクッとグラディーズレイク、ロザリーレイクを越え、





c0266710_2034080.jpg
300m程スイッチバック(うねうね道)を繰り返して樹林帯を下ると…





c0266710_2034389.jpg
当初設営予定地のシャドーレイク。

ココまで1時間。が、昨日はムリしなくて良かった。
歩き続けてたら今日の倍の時間はかかっていたと思う。





c0266710_08262507.jpg
対岸にハイカーがいたが、人影が小さく逆に湖の大きさを実感。





c0266710_2105687.jpg
下った後は再び登るのがこの辺りの相場らしい。





c0266710_20593498.jpg
今日は犬連れハイカーがやたら多い。

どの犬もライフジャッケットみたいな小さなバックパックを背負って
イッチョマエ(?)にハイクしてるのがアメリカらしくてウラヤマシイ。
(JOHNNYのようなWダックスは皆無。狩猟犬らしき大型犬ばかり。)

ちなみにJMTのこの付近の管轄は“インヨ国有林”。ペット同伴可だが
“ヨセミテ国立公園”の区域からは、馬以外の動物は立入り禁止となる。





c0266710_07454377.jpg
標高2,800m付近。

森林限界を越え、ゴツゴツした岩場に差し掛かる。





c0266710_20394991.jpg
振り返るとガクンとペースダウンの妻。

体調が完全には回復していなかったか。
いつもならもっと粘れるハズなのに…。

「ココで停滞するわけには行かない」と
妻のバックパックを持って先を進むの図。





c0266710_2153866.jpg
妻とは対照的に自分はテンション↗︎↗︎↗︎

2個持ちも意外と余裕余裕〜なんて。
(張り切りすぎて後にバテる羽目に)





c0266710_216956.jpg
どこか槍ヶ岳に向かう西鎌尾根っぽい道。





c0266710_216026.jpg
パスを越えると眼下にガーネットレイク。

UPDOWNはあるもののガラッと眺望が変わるのは
気分的にリセットされる。JMTっぽくなってきた〜。





c0266710_2191550.jpg
オアシスってこういうこと!





c0266710_2193924.jpg
13:00 湖畔で大休止。

標高4,000mを越えるMtリッターとバナーピークを正面に望みながら
いつしか熟睡zzz…。気温20℃、そよ風と心地良い日差し。もう完璧。





c0266710_2110427.jpg
14:00 再出発。

ガーネットレイクを回り込むように歩を進める。

…が、間もなくして今度は自分の調子がおかしい。
すぐに息が上がって、ゼェゼェ状態が元に戻らない。
やがて頭に鈍い痛み。…毎度おなじみ高山病の兆候。





c0266710_20293520.jpg

休憩してはそぞろ歩きを繰り返し、
15:30 どうにかルビーレイクに到着。





c0266710_18574341.jpg





c0266710_21124260.jpg

この湖はさほど大きくはないけど、
ひっそりしてどこか神秘的な雰囲気。





c0266710_21131571.jpg
鈍痛は相変わらずだが体力は回復。
再び何度かUPDOWNを繰り返すと…





c0266710_18582653.jpg
今日の目的地、サウザンアイランドレイク!





c0266710_2114233.jpg
この瞬間だけは頭痛もどこかへ。





c0266710_21144546.jpg




c0266710_21192742.jpg
その名通り、無数の島が浮かんでいるような
サウザンアイランドレイク。とにかくデカい。





c0266710_21194257.jpg
中には真っ裸で沐浴しているハイカーの姿も。いいなぁ。
冷たくないのか聞いたら「ベリーコールド!」との返答。





c0266710_21203868.jpg
17:30 到着。

テン場は5〜6張程度で意外と賑やか。
湖畔に設営(ちょっと湖に近すぎた)。





c0266710_18582913.jpg
早速夕食の準備。






c0266710_21221434.jpg
今晩はナポリタンパスタ。

ウーン、期待してたほどウマくない。50点。
ウィルダネスなので文句なんて言えないけど。






c0266710_21215617.jpg
バナーピークを眺めながらのサンセット。





c0266710_212239100.jpg
なんとなくsixmoon designsのヘイブンタープは
日本よりアメリカの方がシックリくる気がするなぁ。





c0266710_21225417.jpg





c0266710_21231628.jpg
食後はインスタントのカフェオレ。
家で飲むより50倍は美味い(笑)。





c0266710_18583186.jpg
20:56 テント内の気温は13℃。

湖畔だというのに何故か全く寒くない。
そんなワケで用足しついでに少し散策。





c0266710_01373028.jpg
「・・・ひゃー・・・・・・」

こんなハッキリと天の川を見たのは初めてだ。


明日は今回のハイクの最高地点「ドノヒューパス(3,370m)」越え。
2日間の歩行距離は約29km。当初のヨセミテ渓谷(104㌔)どころか
途中のトゥオルミメドゥ(60㌔地点)ですら辿り着けるのだろうか?


残り3日間。明日が正念場。





by ishida1011 | 2014-10-08 08:48 | 山旅 | Comments(0)


<< 〔3日目〕 John Muir...      〔1日目〕 John Muir... >>