2015年 05月 17日

〔1日目〕丹沢山2

c0266710_12473057.jpg

一言で言えば 「なんとなく」。

山から気持ちが遠ざかっていた。

久々のハイクは初心に戻って丹沢へ。







〔登山ルート〕

1日目:宮ヶ瀬 → 丹沢三峰 → 丹沢山(みやま山荘)
2日目:丹沢山(みやま山荘) → 塔ノ岳 → 鍋割山 → 寄


「登ってないなぁ」→「気力がなぁ」→「今の自分にはムリ」
無気力スパイラルから抜け出せず、すっかりご無沙汰してしまっていた。

が、「山に登らなくても意外と平気」な自分を認めるのはショッキングな事でもあり。
4/15〜16 久々に連休が取れたので、そんな負のスパイラルをどうにかすべく丹沢へ。




c0266710_20592434.jpg

天気予報は〔日中:晴れのち雨、または雹、降水確率:60%〕。
登山口に向かう途中も雨が降ったり陽が射したり不安定な空模様。

10:30am 宮ヶ瀬からハイクスタート。






c0266710_21014626.jpg

街から山に入る瞬間。
非日常に足を踏み入れる瞬間。

そんな感覚、すっかり忘れていた。






c0266710_21011628.jpg

みやま山荘の小屋番さんから聞いた話では
今年はミツバツツジの当たり年なんだとか。

確かに殺風景な丹沢の山の中で目立っていた。






c0266710_21035361.jpg

壊れかけの鹿よけの柵を抜け、






c0266710_21040425.jpg

標高差1,200mを登っていく。






c0266710_22155514.jpg

道は不明瞭かと思いきや過保護過ぎ(笑)






c0266710_21062681.jpg

単調な道。枯れた木々。眺望はほとんどナシ。
うーん、久々なのにテンションが上がらない。






c0266710_21061083.jpg

そう言えば、ミュージシャンの藤井フミヤが
とあるTV番組で「山にはイヤなところが一つもない」
と言ってたっけ。そういうもんかなぁ…とボヤいてみる。






c0266710_21050957.jpg

案の定、雨が降り始め一時雹(ひょう)に。






c0266710_20585285.jpg

そうかと思ったら晴れ間がのぞいたり。
天気予報は正確。次第に雨が強くなる。






c0266710_23241543.jpg

自分のカメラ(FUJIFILM XE-1)は防水仕様ではないので、サコッシュに一旦格納。
wanderlust equipmentのソレは意外と大容量。久々に持ち出したけど存在価値を再確認。

一方、ウォレットは最近購入したものだが、自分にはちと長すぎたかな(使いやすいんだけど)。
手に持った時に余る感じとか、尻ポケットに入れてスリにあっても気付けなさそうというか(笑)。






c0266710_21081717.jpg

気付けば辺りは真っ白。人にも鹿にも出会わず…。
そういえば初めての丹沢もガッスガスだったっけ。






c0266710_21075304.jpg

「こんなハズじゃなかった…」
心の中のテンションは下がる一方。

〔降水確率40%以上の場合はハイク中止〕

マイルールを守っておけば良かった、とか。






c0266710_22441518.jpg

こんなにグダグダした気持ちは初めて。






c0266710_21090837.jpg

気温3℃。雨のせいで体感温度はそれ以下。
モチベーションはみやま山荘に着く事のみ。






c0266710_21092793.jpg

4:50pm 到着。長かった〜。
コーヒーブレイクでホッと一息。






c0266710_21095972.jpg

部屋は2.5畳くらいの半個室。
雑魚寝じゃないのが少し嬉しい。






c0266710_23241054.jpg

評判通りメシも旨し。

テンションやや回復(単純)。






c0266710_23385623.jpg

8:00pm 山荘2階からの眺め。

今までのガスが嘘のように消えていた。


良いこと悪いこと引っくるめて「山」を実感。





by ishida1011 | 2015-05-17 00:00 | 山旅 | Comments(2)
Commented by cbjim at 2015-05-21 08:02 x
宮ケ瀬から行くと丹沢山まで結構距離ありますよね。 数年前ランスタイルで日帰り往復したのですがかなり疲れた記憶が・・  
Commented by ishida1011 at 2015-05-21 23:15
>cbjimさん
こんなヘナチョコ記事にコメントありがとうございます。
距離は11kmですが標高差1,200m(+UPDOWN)がクセモノでした(笑)。
トレイルランで往復なんてスゴすぎます。ストイックさを見習いたいものです。


<< 〔2日目〕丹沢山2      金時山3 >>