2015年 10月 15日

〔2日目〕John Muir Trail2

c0266710_21395963.jpg

"HAPPY TRAIL!"

言われて初めて意味を考える。
果たして自分は楽しめているのか?







c0266710_07023886.jpg

9月11日(金)
6:00am 気温6℃

顔を横に向けた瞬間、吐き気を催す。
標高3,300m。高山病が居座っている。

体が思うように動かない。食欲も全くない。
起きてから出発まで3時間半もかかる始末…。







c0266710_22552527.jpg

とりあえずJMTの合流地点となる
ルコンテキャニオンまで歩くことに。

標高を下げれば症状は回復する、ハズ。
9:30am 重い腰を上げノロノロと出発。







c0266710_09173304.jpg

しばらくしてツマラナイことで妻とモメる。

「お腹が空いて何か食べたい」妻と「高度を下げたい」自分。
折衷案として妻はその場で調理&朝食、自分は先へ進む事に。


馬のご一行を率いていたレンジャーが、後から歩いてきた妻に
「あなたの夫はとても大変そうに見えた」と言っていたと聞く。

ツラい感情を表に出さないよう意識するも誤魔化せてなかった。







c0266710_09244043.jpg

10:30am

ようやく10,000フィート(3,048m)を下回る。
少し安心。でもまだ吐き気や頭痛が治まらない。







c0266710_01142023.jpg

トレイル脇に目をやれば、
こちらを伺うミュール鹿。





c0266710_23112895.jpg

変わった色の鳥(名前は不明)。
動物を見つけては気が紛らわす。







c0266710_01492440.jpg

2時間後、再び妻と合流。







c0266710_01065908.jpg

少し景色を見る余裕が出てきた。







c0266710_01212430.jpg

岩の上を滑るように流れる川(?)。







c0266710_00523656.jpg

JMTらしい風景を見ながら思う。
引き返さなくて正解だったかも。








c0266710_00480276.jpg

と、岩の上にメモ。
読んで衝撃を受けた。


気をつけろ。
この先、トレイル上にクマがいる。
ヤツは死んだミュール鹿を食べている。
そこは茂みになっているが、
ココから下へショートカットして
スイッチバックまで下ることを勧める。

NPS(森林警備隊) ルコンテ レンジャー


「このメモはいつ書かれたものだろう?」
好奇心と恐怖心。そぞろ歩きで先に進む。







c0266710_23515790.jpg

爪の研ぎ跡。
ツブツブが混じった糞。
赤黒い肉の塊となった鹿の死骸。

辺り一帯の生臭さ。「ココはマズイ…」
敢えて大きな音を出しながら場を離れる。







c0266710_00455270.jpg

2:15pm

分岐点、ルコンテキャニオンに到着。
やっとJMTに合流。長かった~(安堵)。







c0266710_01033331.jpg

ココでやっと昼食(24Hぶり)。
アルファ米+お茶漬けの素+帆立。
病み上がり(?)にはうってつけ。




食事中、ハイカーが通りかかる。

ハイカー:「どこに向かうの?」
自分  :「ミューアハットの方」
ハイカー:「そっちは間違いないよ!」
     「HAPPY TRAIL!
     

「あっ…、グッドラック…」
お決まりのあいさつがやっとの自分。
とてもハッピーなんて言えない気分だった。

なぜハイカーは皆テンションが高いんだろう?
自分が場違いなんだろうか?比較してはヘコむ。

HAPPY TRAIL!」 いつか言ってみたいもんだ。







c0266710_23295514.jpg

標高2,650mのルコンテキャニオンから
ミューアハットに向けて再び標高を上げる。

キャニオン(渓谷)は森林火災による煙の影響で
視界がスモーキー。谷間は滞留しやすいんだっけ。







c0266710_00594521.jpg

今までが嘘のように体の調子が良くなる。
この道なんて思わず小走りしてしまった位。

今朝引き返さなくて良かった。確信に変わる。







c0266710_23534643.jpg

5:30pm

"ビッグピートメドゥ" 付近にテン場っぽいスペースが。
シュラフを干し、テントを設営。体が軽くてはかどる!







c0266710_23543446.jpg

思えば昨日と全く同じ格好だった。
今朝は着替える余裕すらなかった…。

「峠を越す」ということ、「高山病」を
どこかであまくみていたことを反省する。


あのミュール鹿はクマに襲われて死んだのか?
それとも死んでからクマが発見して食べたのか?


大した距離を歩いてないけど、今日は喜怒哀楽いろいろあった。
フカフカの土のせいか回復した体調のせいか久々に熟睡できた。







c0266710_21095522.jpg

〔2日目〕

■歩行距離:約13km
■歩行区間:名もなきレイク(標高3,300m)〜 ビッグピートメドゥ






by ishida1011 | 2015-10-15 00:07 | 山旅 | Comments(0)


<< 〔3日目〕John Muir ...      〔1日目〕John Muir ... >>