2015年 12月 30日

赤岳

c0266710_18420918.jpg

初心者でも楽しんでもらえる本格的な山と言えば?

日帰りじゃなくて山小屋泊。ご飯が美味くて風呂があって、
多少登りごたえがあって、山頂からの眺望が素晴らしくて。

八ヶ岳の "赤岳" は天候さえ整えばそのフルコースが味わえる。







c0266710_07555351.jpg

10月21〜22日、店のスタッフH君を引き連れ八ヶ岳へ。
H君は今日が?回目の山歩き。20代男性、体力は人並み。

"赤岳" は初心者向けの山ではないが、赤岳鉱泉に1泊した上で
季節、天候、装備等を考慮すればそれほど難しくはないだろう。

個人的にも一度赤岳鉱泉はテン場ではなく山小屋に泊まって見たかった。








c0266710_23082144.jpg

紅葉で真っ赤に染まった山。
不意に現れる親子連れの鹿。

自然界の演出も申し分なし。








c0266710_08021791.jpg

登山口から歩いて約3時間で到着できる距離感も
初心者にとってはちょうど良い感じじゃないかな。

早速風呂へ ▶︎ 疲れを癒すってまさにこういうコト。








c0266710_19310370.jpg

赤岳鉱泉のこの日の夕食はステーキ。

その支度をしていたのは二人の若い女性スタッフ。
山小屋のイメージがまた変わった(イイ意味で)。








c0266710_19520603.jpg

翌朝、地蔵尾根経由で山頂へ。








c0266710_23133879.jpg

年に1、2回、完璧な天候(快晴&無風)に恵まれることがある。
まさに今日が "THE DAY"。稜線へ出ると日差しが心地よかった。

広がる眺望に二人とも「こりゃスゴいな」を繰り返していたっけ。








c0266710_16194358.jpg

下りの文三郎尾根でヘッピリ腰の自分。
このルートには未だにビビってしまう。








c0266710_16192669.jpg

案の定、H君は翌日から筋肉痛に苦しんだようだけど
これを機に山歩きをするようになってくれればイイな。




最後に、やはり八ヶ岳は最高だ。





by ishida1011 | 2015-12-30 08:58 | 山旅 | Comments(0)


<< カセットデッキと車検証ホルダー      鳳凰三山2 >>