2016年 11月 09日

〔移動編〕John Muir Trail3

c0266710_16484527.jpg

JMTを歩く前はいつも期待と不安が入り混じる。
久しぶりにウィルダネスを歩けるワクワク感はもちろん、
年季の入ったハイカーへの羨望とか、若干のアウェー感とか。







c0266710_00305558.jpg

〔成田空港 → Los Angeles → Mammoth Lakes〕


6月28日(火)。トレイルヘッドの場所にもよるけれど、
飛行機を乗り継いで行くこのルートが最短距離だと思う。

順調に行けば翌朝にパーミット(通行許可証)を受け取って
ショップに立ち寄っても午前中には歩き始めることができる。

難点は乗り継ぎが5時間もあるところ。昼寝&読書を繰り返す。







c0266710_23322036.jpg

定刻通りLA → Mammoth Lakesに向けて離陸。

ただ、この日は気流の影響なのか飛行機が揺れに揺れた。
ジェットコースターのような乱高下に冷や汗が出っ放し…。







c0266710_23325394.jpg

僅か1時間程度のフライトにも関わらず完全にグロッキー。

フラつきながらも町(マンモスレイク)までの移動手段を探す。
結果、他のホテルの送迎バンにちゃっかり便乗できた(無料)。







c0266710_23331755.jpg

妻は特に飛行機酔いがひどく、食欲なんて全然なさそうだったけど
一旦ホテルで休んでしまうとそのまま外出しないような気がしたので
半ば強引にお気に入りのレストラン "BERGERS" で休憩を兼ねての夕食。







c0266710_23333196.jpg

この店のウリは "マンモスバーガー"(マンモスレイクだけに)。

皿から溢れんばかりのポテト、丸ごとのピクルス(キュウリかと)、
そして1/2パウンドものジューシーなアメリカンサイズのバーガー。

とにかく「アメリカにキタ〜」を実感できる一品(もちろん美味い)。







c0266710_23335171.jpg

すっかり気分は回復。歩いて宿泊先へ。

この日は移動の疲れと時差ボケで即就寝。







c0266710_23340343.jpg

翌日、6月29日(水) 快晴。

朝食後、早速ウェルカムセンターへ。

パーミットは問題なく取得。一方で妻はJMTグッズを物色中。
これから5日間歩くというのに余計なバングルやバッジを購入。

この後、近くのアウトドアショップでガス缶を購入して準備完了。







c0266710_23341900.jpg

11:00am 

アドベンチャーセンターで路線バスに乗り替えて
JMTのトレイルヘッドがあるレッズメドゥに到着。

売店の周囲はJMT/PCTハイカーの溜まり場になっていた。
バックパックを見れば長い期間歩いていることは一目瞭然。







c0266710_23343665.jpg

こちらのハイカーは少し汚いところがカッコ良かった。
(特に右側の人はUL装備だけど、雰囲気あったな〜)

一方の我々はピカピカのオノボリさん。ふと無性に恥ずかしくなる。
それでもJMTに来れた実感の方が上回って妙にハイテンションだった。






by ishida1011 | 2016-11-09 21:25 | 山旅 | Comments(0)


<< 〔Day-1〕John Mui...      〔準備編〕John Muir ... >>