2012年 09月 17日

燕岳・常念岳 (2日目)

c0266710_18574227.jpg

初の北アルプス。初の表銀座。初の稜線歩き。
天候にも恵まれ、「これぞ北アルプス!」という景色に出会えた。
2日目の今日は大天荘を経て常念小屋までの約7時間の道のり。






≪登山ルート≫
2日目:燕山荘→大天荘→大天井岳→大天荘→常念小屋

ご来光をバカにしていた。「単なる日の出でしょ」と。
自分がバカだった。やはり本物はイメージとは全く異なっていた。
何でも自分の目で見てからモノを言うべきだなと反省。



c0266710_2212798.jpg

c0266710_22124029.jpg

朝日が当って遠くの槍ヶ岳が赤く際立って見える。
7時半、燕山荘を出発。



c0266710_2222584.jpg

山男の像に別れを告げ、いよいよ表銀座の稜線へ。



c0266710_2225435.jpg
c0266710_22263851.jpg

c0266710_22392442.jpg

稜線歩きは気持ちが良い。
前見ても、振り返っても、左右を見ても、美しい景色に感動の溜息が出る。


あまりにもキョロキョロし過ぎて首に違和感が・・・(苦笑)。
挙動不審状態で歩く自分の姿は、初めて海外旅行をしたおのぼりさんの様だ。



c0266710_22281451.jpg

白い砂礫の道を進むと、所々にコマクサが。



c0266710_22332746.jpg

燕山荘から1時間程の大下りの頭。

出発して2時間半で大天荘に到着。
小屋で一休みして大天井岳往復。



c0266710_23313615.jpg

頂上着。山々が近くに見えるがガスも・・・。



c0266710_2322327.jpg

常念小屋までの後半戦スタート。



c0266710_237179.jpg

ガスが左側でUターンしているのがおもしろい。



c0266710_2394383.jpg

しかし・・・なぜか画像が彼女ばっかり。



c0266710_23152989.jpg

ようやく下のほうに常念小屋が見えて一安心。その先には常念岳へのルートも見える。
この辺でやや疲労が出てくるが、なんとか残っているアドレナリンを振り絞る。



c0266710_232144.jpg

15時半、やっと到着。
小屋の周辺はすごい数の登山者。テン場もすし詰め状態。
まさか、小屋もキツキツではと一抹の不安を抱いていたが
案の定、6畳の部屋に12人泊。1畳2人かー。
やや凹む。これはテント泊の方が快適かも・・・。

9時の消灯前には布団に潜りこむも、慣れない環境で寝付けず。
疲れているはずなのに・・・。マイッタ。

by ishida1011 | 2012-09-17 23:43 | 山旅 | Comments(0)


<< 燕岳・常念岳 (3日目)      燕岳・常念岳 (1日目) >>