2012年 12月 02日

MILITALY REMAKE GOODS / JETMINMIN

c0266710_12112024.jpg


フランスやドイツ、ベルギー、オランダ軍で使用していたテント生地をパッチワーク状に
リメイクしたクッションカバー。同素材のタッセルまで付いていて、芸が細かい。





JETMINMINは主に軍の放出品や廃材、柔道着、伝統織物等を再利用し、
商品化しているブランドであり、二人のデザインユニット。

バッグや日常の様々なものをリメイクしていて、
「反戦」や「消費社会へのアンチテーゼ」など、メッセージ性のある商品が多い。

しかし仮に、そういう思想を抜きにしても、
使い勝手、縫製の丁寧さ、何より商品の持つ佇まいは単純にモノとして魅力がある。
何よりJETMINMINのお二人の「自然体で自由な雰囲気」が魅力的に思える。


c0266710_12243713.jpg
 

ウチの愛犬JOHNNY用のキャリーバッグ。
ベルギー軍のテント地を選択し、サイズもダックスフント用に横幅を少し長くしてもらってオーダー。
こんな特別な要望に対して、気軽に対応してもらえるところもイイ。

c0266710_1229884.jpg


こんなモノまで。
スイス軍のテント地を使ったティッシュケース(リフィール用)。

これを購入してから、わざわざリフィール用のティッシュを売っているスーパーまで行くように。
「ティッシュの外箱は資源のムダでは?」というコンセプトは、「なるほど」と考えさせられる。

世の中では確実にマイノリティーである「コダワリのある職人」。
余計なお世話かもしれないが、ずっと続けていって欲しいなぁ。

by ishida1011 | 2012-12-02 12:09 | インテリア | Comments(0)


<< 「山を行く」      HORSE BLANKET /... >>