2013年 01月 22日

X-E1 / FUJIFILM

c0266710_21452235.jpg

「じゃあ、いつ買うか?」
「今でしょ!」

どこかの予備校のCMじゃないが、
散々悩んで手に入れた人生初のデジタル一眼レフ。





「山の風景をより鮮明に残したい」

しかしコンパクトデジカメは既に持っているだけに
新たに購入するべきか否か、悩むこと数ヶ月。

北アルプスで見た満天の星空を撮り損ねたことを今でも悔しく思っている自分としては
まず「新たな1台を購入すると仮定した時の条件」を挙げてみた。


①長時間露出で撮影できること  →  X-E1はバルブ撮影が最大60分間可能!
②見た目が格好良いこと      →  レトロな外観に最先端の技術 文句なし!
③重過ぎないこと           →  本体+レンズで660g!レンズも交換可!
④キレイに撮れること        →  購入レビューを見る限りでは良さそうだ!


これはもう購入しない理由がない!

・・・気付いたら〔購入する〕をクリックしていた。


c0266710_18593957.jpg

存在感がコンデジとは違う。

c0266710_1914823.jpg

ダイヤル一つとってもイチイチカッコイイ。


ちなみにX-E1と比較検討していたのがこちら。
c0266710_196340.jpg

OLYMPUS OM-D

「防塵・防滴機能」が備わっていて非常に魅力的ではあったが、
最終的には「見た目」の差で見送ることに。


今まで使ってきたコンパクトデジカメ(↓)。
※この画像はX-E1で撮影したものだが、背景のボケ具合がやはり他とは違う気が。
c0266710_19103330.jpg

RICOH GX200

何故か山で良く撮れる(ような気がする)1台。

レンズフードの個性的なデザインがお気に入り。
映画<STARWARS>に出てくる敵機を連想させる(笑)。
c0266710_191729.jpg



X-E1とGX200の比較。
c0266710_19273378.jpg



X-E1用に金沢の雑貨屋でストラップも購入。
c0266710_1935987.jpg

いや、先にストラップを購入し、これに合うカメラを探したという表現が正しい。


c0266710_194022.jpg

U.S.ARMYのデッドストックのストラップをカメラ用にアレンジしている。
金具にサビが出ていたり、プリントが残っていたりとなかなかアジのある雰囲気。


ここまで書いてきたが、実はこのカメラは自分用ではなく彼女への誕生日プレゼント。
まだ日にちに余裕があるので勝手に試用させてもらっている(笑)。

これを機に、より記憶と記録に残る山旅をしていきたいものだ。

by ishida1011 | 2013-01-22 20:12 | 山道具 | Comments(0)


<< 金時山      ラタン(籐)の家具 >>