2013年 05月 25日

川苔山 (川乗山)

c0266710_011104.jpg

5月25日(土)、東京・奥多摩にある川苔山に登ってきた。

今回は縁があって会社の取引先と山登り。個人的には初の異種交流活動。
ただ、全員が自分より約一回り年齢が離れている(若い)上、未経験者もいて、
更に初顔合わせの方も。企画したのは自分だが、果たしてうまくいくのだろうか?

当初、不安と期待でテンションも微妙だったが、そんなモヤモヤは杞憂に過ぎなかった。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

登山未経験者を連れて行くならどの山が良いか?

彼女と自分以外は全員20代。体力は問題ないだろう。
「ラク」過ぎず、「ハード」過ぎず、それでいて楽しめる山。
鍋割山か・・・奥高尾も・・・御岳山は・・・?ウーン、悩む。

①適度なコースタイム      
②下山後も楽しみがある
③眺望以外にも見所がある   
④自分が行ったことのない山  
     
上記4つの条件を踏まえ、最終的に川苔山に決定。
今振り返れば、なかなか良い選択だった(自己満足)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪登山ルート≫
川乗橋バス停 → 細倉橋 → 百尋ノ滝 → 川苔山 → 大根ノ山ノ神 → 鳩ノ巣駅


c0266710_21402262.jpg

今回のメンバーは、Kさん、Nさん、Mさん、Oさん、そして彼女と自分の計6人。
8:30 奥多摩駅集合 のハズが・・・。

ハプニング① Nさんが来ない!

結局、30分遅刻。
早くも予定が狂う~(焦)。
仕事上で付合いのあるKさんも恐縮気味。



c0266710_21581123.jpg

9:30 予定より約40分遅れで川乗橋バス停に到着。
(運良く遅れて来た臨時便のバスに乗ることが出来た)



c0266710_2159972.jpg

c0266710_220231.jpg

バス停からはしばらく林道を歩く。
この時期の新緑は文句なく美しい。



c0266710_2231524.jpg

10:15 細倉橋に到着。
ここからが本格的な山道。



c0266710_2254217.jpg

斜面の巻き道を進んでいく。
下に見えるのは・・・。



c0266710_2243878.jpg

渓谷だ。
こんな雰囲気の登山は久しぶり。



c0266710_2265592.jpg

c0266710_22164681.jpg

沢の水音を聞きながら進む。
歩いていて気持ちが良い。



c0266710_22172385.jpg

川苔山の最大の魅力は≪渓谷美≫らしい。
実際にはガイドブック以上に美しく思えた。



c0266710_22192329.jpg

c0266710_22215858.jpg

「いつもならまだ『王様のブランチ』見ている時間だよ。」
「今の時間は何のコーナーだっけ?」

後ろから聞こえる会話も微笑ましい。
確かに見るもの全てが非日常の景色。



c0266710_2223379.jpg

山腹の登り。
川乗橋バス停から百尋ノ滝までは約470mの標高差。



c0266710_22252194.jpg

11:00 約1時間半で百尋ノ滝に到着。



c0266710_21335568.jpg

今まで滝を見てもそれほど目を奪われることはなかったが、コレは・・・イイ。
滝つぼに差込む光、その周辺の緑、荒々しい岩肌。どこか神秘的な雰囲気。



c0266710_22312969.jpg

近くの岩場でお菓子タイム。
ちなみに取引先は菓子関連の為、ありとあらゆる商品が出てくる(笑)。



c0266710_22241594.jpg

11:20 川苔山山頂に向けて出発。
ここからは急勾配となり、道も険しさを増す。



途中、道がやや薄くなる。どうやら誤ったらしい。
前を行く別のパーティーも立ち止まっている。
そこへ突然上からガラガラと落石が・・・。
強引に登った人が落としたようだ。

「ここは危ない。引き返そう。」
20m程手前の道まで戻る。
案の定、別ルートがある。
そこで初めて気づいた。

ハプニング② Nさんがいない!



c0266710_22321999.jpg

誤った道まで戻り、上を探すも姿はない。
どうやらそのまま登って行ってしまったらしい。
無理にでも引き返すよう伝えるべきだった(反省)。

携帯電話もfacebookも電波がつながらず使えない。
「仕方がない、山頂でNさんを待つことにしよう」と伝える。


どこか重たい空気に包まれつつ、5人で黙々と山頂を目指した。




c0266710_22331235.jpg

12:50 急踏の樹林帯を抜け、分岐地点に出た。

「Nさん、あっちから来れるんじゃない?」と誰かが言う。
確かに道がつながっている。・・・パッと雰囲気が明るくなる。



c0266710_2233584.jpg

人で賑わっている。あと100m!



c0266710_22345219.jpg

13:00 山頂到着!
コースタイムより20分早い(急ぎすぎた)。

ここからは「大菩薩嶺」も望めるらしいのだが、
今日は霞んでいて全体的にボンヤリ・・・。

5人で菓子をつまみながら休憩。


10分程すると、なんとNさんの姿が!
どうやら枝道に出て山頂を目指してきたそう。
地図もコンパスもなく合流できたのは奇跡に近い。

とにかくケガがなくて良かった~(ホッ)。



c0266710_223705.jpg

13:20 下山開始。



c0266710_22452211.jpg

植林の道をひたすら下って行く。



c0266710_22461177.jpg

14:50 林道に出た。
皆、やや疲労の色が見える・・・。
(Mさんは完全にヒザが笑っている)

下山したかに思えたが、標高はまだ高い。



c0266710_2247317.jpg

15:00 祠のある大根ノ山ノ神を通過。



c0266710_2252222.jpg

15:30 ようやく鳩ノ巣駅到着!



c0266710_22483831.jpg

電車が来るまでにかなり時間があった為、
隣駅まで奥多摩渓谷の遊歩道を歩くことに。



c0266710_22525088.jpg

渓谷は美しいのだが、意外と道が険しい。
一山登った後の体には結構堪える・・・。
だが「歩こう」と提案したのは自分。

「申し訳ないが、皆さん頑張って!」



c0266710_22545379.jpg

途中、渓谷沿いの遊歩道が崩落発生の為、通行止めになっている。
一旦車道に戻ったりしながら、なんとか目的地の「アースガーデン」へ。



c0266710_22555418.jpg

16:15  やっと着いた~。

しかし、入口の看板には「閉店」の文字・・・。

ハプニング③ 辿り着いた店が営業終了! 

営業時間を17時までと勘違いしていた!
まさか16時までだとは・・・。致命的ミス。

「何か食べさせて下さい!」
無理を言って店の方にお願いしたところ、
「特別に、カレーかパスタならいいわよ~。」と嬉しすぎる返答!

『捨てる神あれば拾う神あり』とはこのことだ。



c0266710_22564420.jpg

出てきたのは「薬膳スープカレー(1,100円)」
ハプニングばかりだったので余計にそう感じたのかもしれないが、こんなに美味いカレーは久々。



c0266710_2257636.jpg

デザートは「わさびのアイス(300円)」
前回も食べたが、カレーの後は一層美味い。



c0266710_22574033.jpg

白丸駅のホーム待合室にて。
皆さん、本当にお疲れ様でした!
(撮影しているOさん、タフだなぁ)


普段接点のない人達との山行は「どうしたものかな~」と心配な部分もあったが、
いざ山に入ってしまえば、感動を共有する事で十分楽しめた(少なくても自分は)。
想定外のハプニング続出にはマイッタが、全てが新鮮で実りの多い一日となった。

by ishida1011 | 2013-05-25 23:25 | 山旅 | Comments(4)
Commented by 荻野 at 2013-05-29 21:10 x
先日はありがとうございました。
石田さんに計画を立てて頂いたおかげでとても楽しい初登山になりました。
ブログを拝見しながら当日の事を思い出していると、もう次の山を登りたい気持ちが出てきてしまいます。笑

次回も是非ご一緒させて下さい。
よろしくお願いします。
Commented by ishida1011 at 2013-05-29 23:03
>荻野さん
こちらこそありがとうございました。
山登り、楽しんでもらえたようで何よりです。
数々のハプニングも今となっては笑いのネタ。
是非、また行きましょう!
Commented by 片桐 at 2013-06-03 22:39 x
先日はありがとうございました。
企画をするのにも、結構色々お気遣い頂いてるんですね(笑)
ありがとうございます!
あの後みんなに、『次あったらまた行きたい?』と聞くと、
満場一致で是非行きたいとの声が上がりました!
今度またぜひ宜しくお願い致します!
Commented by ishida1011 at 2013-06-03 23:37
>片桐さん
こちらこそありがとうございました。いろんな意味で楽しめました。
せっかくなら山を好きになってもらいたいので気を使いますよ~(笑)。
「満場一致」・・・。では調子に乗って、次の企画も考えておきます!


<< 「山男(1957年)」      Sil Sacoche / a... >>