2013年 06月 09日

笠取山 (2日目)

c0266710_15385431.jpg

2日目は森の中の稜線を辿って笠取山の山頂へ。

昨日の道迷いを苦い経験を踏まえ、今日はしつこい位に現在地を確認するよう意識。
だが逆に意識し過ぎたせいで「本当にこの道で合っているのか?」と疑心暗鬼状態に。
心に余裕のない道中だったが、山頂からの開放的な眺望が全て帳消しにしてくれた。






≪登山ルート≫
2日目 : 将監小屋(テン場)→将監峠→山の神土→唐松尾山→笠取山→馬止→三ノ瀬


c0266710_158218.jpg

6:00 起床。
テント内の気温は9℃、天気は快晴。

朝から彼女とちょっとした口論になる。
キッカケは昼食用に取っていた「アルファ米+レトルトカレー」を彼女が作ってしまった事。
「朝はカレーじゃなくて、普通パンでしょ?」 ・・・自分の器の小ささが際立つ、ツマラナイ話。



c0266710_15412570.jpg

8:00 テン場を出発。
気温は既に20℃まで上昇。



c0266710_15423638.jpg

JOHNNYも元気一杯。



c0266710_15441363.jpg

将監峠の道標。

左は、笠取山、雁坂峠、右は、飛龍山、雲取山方面。
そういえばここも「奥秩父主脈縦走路」の途中地点だ。



c0266710_1545443.jpg

開放的な道もここまで。
森の中を通る登山道に変わる。



c0266710_15474083.jpg

8:45 「山の神土」の分岐。
道標と合わせて現在地を確認。



c0266710_15494092.jpg

この先は更に深山の雰囲気が濃厚になる。
岩の上に根を張った大木がそびえ、鬱蒼とした森が広がる。



c0266710_15521421.jpg

樹木の途切れる箇所からは
富士山や南アルプスの峰々が。
その手前は大菩薩嶺(・・・多分)。



c0266710_15552256.jpg

10:00 唐松尾山(2109m)到着。
だが山頂は樹木で覆われ見通しゼロ。

「ウーン・・・、なんだか地味だなぁ・・・。」



c0266710_1556458.jpg

更に先を進むと、あちらこちらにピンク色の花。
全く知らなかったが、奥秩父を代表する花らしい。



c0266710_1558137.jpg

c0266710_1614834.jpg

シャクナゲを見ながらの縦走路。
ガラじゃないけど悪くないかも。

その後、樹林帯を抜け、
笹原を横切り、岩場を越える。

しかし、道標が一向に現れない。
一本道を進んでいるのに不安に。



c0266710_1624536.jpg

12:40 「水干」付近の分岐に差し掛かる。
「間違っていなかった!」 ようやく一安心(ホッ)。

山頂付近で年配の団体(15人位×3組)とすれ違う。
今までほとんど人に会わなかったので面食らってしまった。
深い山の中で四方八方から聞こえる井戸端会議。・・・シュールだ。



c0266710_1635838.jpg

岩場と樹林の道を進む。
と、突然頂上のような場所へ。

「・・・意外と狭いなぁ。」
思わず声に出してしまう。

「向こうにもう一つ山頂があるよ。」
年配の団体の一人が教えてくれた。

どうやら笠取山には山頂が2つあり、
ここはその1つ、東峰のピークらしい。



c0266710_1644334.jpg

東峰から歩くこと約15分。
13:20 西峰のピーク着。



c0266710_1674959.jpg

頂上からはこの景色。
「頑張って来た甲斐があった!!」

稜線や山並みを臨むことができて気持ちがイイ。



c0266710_20124337.jpg

我々は下の草地まで降りて休憩をとることに。

だが、この急な斜面はヒザにくる・・・。

昨日からの腰痛とのダブルパンチ。
(腰は長時間のバイク移動が原因)


c0266710_16112634.jpg

同じく彼女も下り坂で苦戦している様子。
気づいたJOHNNYがダッシュで駆けて行く。

一体どこにそんな体力が残っているんだ(笑)。



c0266710_21163183.jpg

無事合流。
アンパンと菓子で小休止。



c0266710_1613252.jpg

14:20 下山前に再度ルートを確認。



c0266710_16145669.jpg

下山道は緩やかで歩きやすい笹道。

「眠い・・・」という彼女に声を掛けつつ、自分の腰やヒザの調子を確認。
普通に歩く分には問題なさそうだ。急な体重増加が影響しているのかも。



c0266710_17532274.jpg

16:20 ようやく車道に出た。
GOALの三ノ瀬まではあと少し。



c0266710_1617105.jpg

≪笠取山≫ 名前は地味だけど、眺望は想像以上。
更に今回は失敗からいろいろと学ぶことも出来た。
地図にない道に迷い込んだ時、どうすべきか。
今後の山行に活かしていきたいと思う。

by ishida1011 | 2013-06-09 22:30 | 山旅 | Comments(0)


<< 山と道 MINI 25L Cu...      笠取山 (1日目) >>