2013年 07月 21日

硫黄岳・赤岳 (3日目)

c0266710_18552254.jpg

7月7日(日)。今日がラストチャンス。
八ヶ岳の主峰、赤岳へリベンジマッチ。






<登山ルート>
行者小屋(テン場)・・・(地蔵尾根)・・・地蔵ノ頭 → 赤岳展望荘 → 赤岳頂上山荘 → 赤岳
→ 赤岳頂上山荘・・・(文三郎尾根)・・・行者小屋・・・(南沢ルート)・・・美濃戸 → 美濃戸口


c0266710_18565869.jpg

4:00起床。気温は17℃。昨晩は他のグループの話し声やテントを叩く雨音が気になって
熟睡できなかった。それでも体の調子は良い。気力もある。なぜなら今日が最後のチャンス。
リフィルタイプのどん兵衛で朝食を済ませ、速やかにテン場を撤収。5:00出発(過去最速!)。



c0266710_1857897.jpg

霧は昨日よりはマシかな(ココ、標高2,354mの行者小屋の周辺は)。
ところどころ、雲の切れ間から青空も見える。上の方はどうだろう?



c0266710_18575625.jpg

昨日と同じく、最初は樹林帯。



c0266710_18582615.jpg

だが、すぐに険しい岩場の急斜面。
どうやら昨日とはレベルが違う感じ。

地蔵様に手を合わせる。祈るコトは一つ。
「無事に赤岳山頂に辿りつけますように。」



c0266710_18585578.jpg

c0266710_18591947.jpg

荒々しい岩肌の斜面。
生半可な山ではない印象。

「赤岳」という名前からして強そうだ。
戦隊モノの主役は赤のコスチュームが相場と決まってるし、
シャア専用のモビルスーツだって赤い彗星だ(例えが古い・・・)。



c0266710_18594971.jpg

そんなことを考えつつ、
6:20、地蔵ノ頭に到着。

再び地蔵様に手を合わせる。



c0266710_1901010.jpg

・・・やはり風が強い・・・。

稜線上は左右から吹き付けてくる為、
体の重心を低くして進む。この先、大丈夫か?



c0266710_19283859.jpg

6:35、赤岳展望荘に到着。

ちなみに、このドアを開けるとすぐに食堂があり、皆さん、寛ぎモード・・・。
ドア1枚隔てているだけで、天国と地獄。なんともシュールなシーンだった。



c0266710_190484.jpg

5分程休憩し、再出発。
赤岳山頂まで、あと45分!



c0266710_1914432.jpg

c0266710_192794.jpg

稜線上の岩場に咲く高山植物。
よくまぁ、こんな過酷な環境で・・・。



c0266710_194463.jpg

クサリに沿って岩場を登っていく。
スリリングだが意外と楽しくもあり。



c0266710_1943342.jpg

先が見えない為、そこら辺で一休み。



c0266710_194543.jpg

7:10、ようやく頂上山荘。
赤岳山頂まではあと少し。



c0266710_1952257.jpg

7:15、われ登頂せり(嬉々)!



c0266710_1954253.jpg

山頂には祠が祭られている。
無事に来れたことを神様に感謝。

・・・その瞬間、霧と雲が途切れて青空が!
山頂にいた15人位の登山者から歓声が上がる。

「今までの霧はこの瞬間の為の演出なんじゃないか?」
というくらい感動的。今日のハイライトは間違いなく「今」だ。



c0266710_196667.jpg

7:25、頂上山荘に戻ってきた。



c0266710_1963096.jpg

しばし休憩。



c0266710_197751.jpg

7:50、下山開始。
行者小屋までは文三郎尾根を伝って下る。



c0266710_1973612.jpg

・・・が、これはもはや道ではナイ・・・。
急な岩場にクサリが付いているだけ(汗)。



c0266710_198487.jpg

ようやく、まともな道(?)に。



c0266710_1983769.jpg

と思いきや、またもやハードな斜面・・・(汗)。



c0266710_1991148.jpg

9:00、大分下ってきた。
霧も薄くなり、徐々に視界が利くように。



c0266710_21371294.jpg

9:30、行者小屋に無事帰還。
とりあえずカルピスソーダで祝杯。
(アルコールに弱い為、ビールは×)



c0266710_1995752.jpg

10:00、再び出発。
すっかりゴールした気分でいたが、まだ先はある。



c0266710_19103788.jpg

南沢ルートもまた『苔蒸した』という表現がピッタリ。



c0266710_191425100.jpg

キャベツ?



c0266710_19144943.jpg

キャベツ×∞?
これも苔の一種だろうか?



c0266710_19151782.jpg

c0266710_1915438.jpg

見たことのない植物が多い。
(というか今まで興味がなかった。)

今回、南八ヶ岳でいろいろと撮ってきて、
初めて名前を調べてみようという気になった。



c0266710_19163252.jpg

c0266710_1917857.jpg

c0266710_1917511.jpg

南沢はなかなかの急勾配。
加えて距離もかなり長い。



c0266710_19183141.jpg

12:05、美濃戸まで戻ってきた。
地味にキツかった~。



c0266710_19191843.jpg

美濃戸口までは、緩やかな林道を下るのみ・・・、
のハズが、虻(あぶ)に執拗に付き纏われ、
追い払いながらダッシュするハメに・・・。

もうヘロヘロだ・・・(汗)。



c0266710_1920454.jpg

13:30、美濃戸口からバイクで10分ほどの
「そば処 おっこと亭」へ。信州といえば蕎麦!



c0266710_19203093.jpg

注文したのは、「きりだめそば(もりそば)」3人前。
汗だく+風呂に入ってないことなど、気にしてられない。
一心不乱に蕎麦をすする。素材の味が濃厚!美味!満足!



今回は霧と風に翻弄された3日間だったが
その分、登頂の達成感は今までで最高だった。
次回は稜線や山頂からの風景を拝みたいものだ。

by ishida1011 | 2013-07-21 22:42 | 山旅 | Comments(2)
Commented by emiko0708 at 2013-07-23 22:20
はじめまして
今週の末 八ケ岳に登る予定です。
参考になりました。
これからの山がんばってね。

http://www7.ocn.ne.jp/~emiko1/emikonoyamanikki.html
Commented by ishida1011 at 2013-07-23 23:00
>emiko0708さん

コメントありがとうございます!
我々は初めての南八ヶ岳でしたが、
天候次第で、全く印象が違う気がします。
週末、晴れるといいですね。お気をつけて~。


<< 金峰山      硫黄岳・赤岳 (2日目) >>