2013年 08月 16日

フジノンレンズ XF27mmF2.8 / FUJIFILM

c0266710_11483540.jpg

1月に入手したFUJIFILM X-E1用の新たなレンズを購入した。
“フジノンXFレンズ最薄、最軽量を実現した”らしく、超コンパクト。





c0266710_23272350.jpg

焦点距離27mm(35mm判換算:41mm)のパンケーキサイズ。

本体(350g)+レンズ(78g)=428g(バッテリー・SDカード含む)。
レンズの重量だけで比較すると僅か25%!見た目もかなりスッキリ。
おかげで登山の際も岩や木々にレンズをぶつけることが格段に減った。


c0266710_2383026.jpg

今まで使ってきたフジノンレンズ XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS。
本体(350g)+レンズ(310g)=660g(バッテリー・SDカード含む)。

ズーム機能は便利なのだが、レンズの厚み(長さ)と重量が気になるところ。
更に山で長時間カメラを下げていると、段々首が凝ってくるのもネック(笑)。


c0266710_23281683.jpg

XF27mmF2.8 とXF18-55mmF2.8-4 R LM OISとの比較。
大きさの違いが一目瞭然。


【フジノンレンズXF27mmF2.8】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
直径約61.2mm、厚み約23mm、重さ約78g。
フジノンXFレンズ最薄、最軽量を実現したハイパフォーマンス単焦点レンズ。
焦点距離27mm(35mm判換算:41mm)という人間の視野に近い画角は、
スナップはもちろん、人物、風景、建築などさまざまなシーンで活躍。
コンパクトな設計のため、特に人物撮影においては、被写体に威圧感を与えることなく撮影できるレンズ。
また、高トルクのモーターで前群レンズ(5枚)を群として全体で繰り出すフォーカス方式を採用し、
歪曲収差を抑制しながら高精度なオートフォーカスを実現。フォーカスリングに金属部品を採用。
繊細な操作が必要となるマニュアルフォーカス時にも、リングを廻す時の指先に伝わる質感と、
適度なトルク感を重視した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


予想外だったのは27mmという画角が、大きく見えること。
カメラのファインダーを覗いた時に被写体が近すぎて、
2~3歩下がらなければならないこともしばしば。
まぁ、これは自分の慣れの問題なのだが。


肝心の画質は・・・まだ分からない(笑)。


最後に「価格」について。
レンズ単体の最安値は約35,000円(2013年8月現在)。
まともなコンパクトデジカメが買えてしまいそうな位、結構なお値段・・・。

c0266710_162322.jpg

そこでネットでいろいろ調べた結果、裏技として新商品「FUJIFILM X-M1」の
ダブルレンズキットを購入し、そこからレンズ(XF27mmF2.8 )だけを抜き取り、
レンズキット(本体+ズームレンズ)として、「ヤフオク!」に出品してみることに。


→結果、レンズキットは61,000円で落札されたので
  実質、22,000円で購入したことに。作戦大成功!


by ishida1011 | 2013-08-16 01:32 | 山道具 | Comments(0)


<< 中山・にゅう (1日目)      瑞牆山 >>