2013年 08月 18日

中山・にゅう (2日目)

c0266710_23482299.jpg

にゅう ・ にう ・ ニュー ・ ニュウ ・ 乳・・・。

全て北八ヶ岳の森の中で見た“ にゅう ”を示す道標。
「どれが正解だよ!」と突っ込みたくなる統一感のなさ。
2日目、そんな妙に気になる“ にゅう ”に登ってみる事に。



≪登山ルート(2日目)≫
黒百合ヒュッテ(テン場) → 中山 → にゅう → 白駒山荘 → 麦草峠


5:30起床。気温は13℃。薄霧。

シュラフの中で裸足だったせいだ。
明け方、足先が寒くて目が覚めた。
北八ヶ岳は真夏でも油断できない。


c0266710_2131758.jpg

昨日買ったパンで朝食を済ませ、テント撤収。
6:50 朝靄の中、黒百合ヒュッテを出発。



c0266710_22374672.jpg

しかし、すぐに日が差してきた。
山の朝のこういう瞬間、悪くない。



c0266710_21323317.jpg

中山峠を過ぎた展望台からの眺望。
雲海が一面穏やかに広がっていた。



c0266710_22321683.jpg

右手には天狗岳。内心登りたくてウズウズしていたが、
犬連れの我々には時間的にも体力的にもやや厳しそう。

まぁ近い将来、登ることになるかな。



c0266710_21342140.jpg

自分 : 「そういえば、中山の山頂って通ったっけ?」
彼女 : 「地図上では通過しているハズだけど、見てないね。」
自分 : 「そんなに遠くないし地味だと思うけど、一応見ておこうか。」

“ にゅう ”への分岐を通過し、先に中山山頂へ向かう。



c0266710_21362014.jpg

振り返るとまたも雲の海。



c0266710_2138360.jpg

7:30 中山山頂着。
案の定、超地味(笑)。



c0266710_1218100.jpg

再び分岐まで戻る。



c0266710_22433083.jpg

“ にゅう ”への道は緩やかな下り坂。事前情報では結構険しいと聞いていたが拍子抜け。
(中山側からは150m程標高が低い為、楽なのは当然なのだが、この時点では気付かず。)



c0266710_21501429.jpg

ゴロゴロした岩場の“ にゅう ”直下。



c0266710_21505618.jpg

9:00 登頂!

“ にゅう ”は周囲から突き出た岩稜帯。
背景の岩場のシルエットもどこか“ 乳頭”っぽい。
つまり“ にゅう ”は“ 乳 ”が語源なんじゃないかな。



c0266710_21254817.jpg

雲が近い。



c0266710_21261628.jpg

視界には、 森 ・ 池 ・ 空 ・ 山 ・ 雲・・・ 。
360℃見渡すことができて気持ちがイイ。

何をするでもなく、マッタリ寛いでしまった。




c0266710_21535559.jpg

9:45 下山開始。



c0266710_21555529.jpg

c0266710_225235.jpg

c0266710_22114215.jpg

11:20 白駒池のほとりの白駒山荘に着いた。

この辺は避暑地でもある為、一般客の方が多い。
(今日はカンカン照りなので避暑にはならないが)

昼食は定番のレトルトカレー+山小屋のソフトクリーム。



c0266710_2264711.jpg

エヴァンゲリオンに出てきそうな(?)トンボ。



c0266710_225305.jpg

「白駒の奥庭」を通って麦草ヒュッテに向かう。

今は夏だということを思い出させる強烈な日差し。
気温より湿度より直射日光。肌がジリジリ焼ける。



c0266710_22534933.jpg

c0266710_22133881.jpg

13:00 無事ゴール!


今回の山行テーマは “ 夏の犬連れテント泊でノンビリ森歩き ”(長っ)。
気温だけが心配だったが、2,000mを越えるとやはり下界とは空気が違う。
日差しは強いものの、それでも気温は20℃台。森の中に入れば更にヒンヤリ。
今回、人間の方が体力的にバテてしまったが、夏の選択肢として北八ツはアリだ。

by ishida1011 | 2013-08-18 22:16 | 山旅 | Comments(0)


<< 山と道 MINI 25L Cu...      中山・にゅう (1日目) >>