2016年 04月 22日

Hapi Sil / LOCUS GEAR

c0266710_20543517.jpg

"Hapi" で "Happy"!
(舞い上がってマス…)

4代目テントはピラミッド型モノポールシェルター
としてあまりに有名な LOCUS GEAR "Hapi Sil" 。








c0266710_20440627.jpg

待つこと約3週間。待望のシェルターが届いた。

今まで使ってた2つのテントを敢えて手放してまで
欲しかったワケは月並みだけど独創的なこのカタチ。








c0266710_21543767.jpg

どこから見てもホレボレするプロポーション。








c0266710_21224023.jpg

素材は30Dのシルナイロン。

色は"ブロンズミスト"を選択。
派手な色 < 風景に馴染む色。








c0266710_20441477.jpg

負荷が掛かる部分にはダイニーマクロスが。







c0266710_22305476.jpg

テッペンも同様。








c0266710_07402831.jpg

シェルターの生地自体は若干の透け感。
ただし外から中は全く見えない(安心)。








c0266710_21555200.jpg

メッシュシェルター(Hapi Mesh)も同時購入。
自分は主に虫(特に蚊!)対策として欠かせない。

フロアはグラウンドシートとしても使われる"PUタフタ"を選択。
(シルナイロンより145g重くなるけど耐久性はUP〔計615g〕)

シームテープが貼られていてポール位置(補強あり)も一目瞭然。








c0266710_07130266.jpg

二人でも広々。

内部の大きさは165×250cm。愛犬JOHNNYもOK!
代表モデル "Khufu" の横幅を20cm拡大してるとの事。

更に短辺側に入口を設けている為、出入りがラクチン。
この配置は2代目テントHillberg "JANNU" と全く同じ。








c0266710_07131045.jpg

ブラウンミストが目に優しく居心地上々。
(自分が撮影中、妻はココで爆睡してた)








c0266710_22533046.jpg

…で、寝起き。








c0266710_21314881.jpg

オプションでこんなモノもあり。
前室にもなる "Hapi V-Tarp Sil"。

キャンプとかには重宝しそうだけど
ウィルダネスにはちょいと贅沢かな。







c0266710_21534461.jpg

シェルター + インナーメッシュ = 重量1,100g。
(トレッキングポール、ペグ、ガイライン含まず)

Hilleberg "Jannu" & Sixmoon Designs "Haven Tarp" を
足して2で割ったような位置づけ。"佇まい" だけが唯一無二。


今から山で使うのが楽しみ。そんなワケで"4649、四代目!"




by ishida1011 | 2016-04-22 00:11 | 山道具 | Comments(2)
Commented by キャンプ好き at 2016-08-23 00:37 x
はじめまして。ブログを拝見させて頂きました。

現在、Hapi SilかHapi eVentのどちらかの購入を検討しています。

Hapi Silの防水性と結露はどのような感じでしょうか?



Commented by ishida1011 at 2016-08-23 20:18
>キャンプ好きさん
まだ、アメリカのJohn Muir Trailで5日間使っただけなのですが、目止めをすれば防水性は全く問題なかったです。テントの下部分の隙間によって通気性は確保されるため、結露もないですよ。単に寒い時期に使ってないからかもしれませんが…。参考になれば幸いです〜。


<< CRS-4000 / MARANTZ      Off the Grid >>