カテゴリ:山旅( 115 )


2019年 01月 03日

[Day1,2] John Muir Trail5

c0266710_22551325.jpg

ー「幸せ」は「辛さ」があって感じるもの ー

「そんなキャラじゃないでしょ?」思わずツッコミたくなる。
誰かの言葉をさも自分の言葉のように使うなんてカッコ悪い。

でもあの時ばかりはすんなり受け入れられた。祝福の朝日だった。









read more

by ishida1011 | 2019-01-03 09:54 | 山旅 | Comments(0)
2018年 12月 10日

[Day0]John Muir Trail5

c0266710_13531048.jpg

"JMTは遠い地のハイクではない"

ウイスキーのCMのキャッチコピーは
"恋は遠い日の花火ではない" だったっけ。

LAから乗り継いで1時間程でマンモスレイクへ。
そこはもうJMTの麓町。そう考えると遠くはない。

単純に楽しかったと言うより喜怒哀楽の4日間だった。
今一度、心を整理する意味で山旅を振り返ってみたい。





read more

by ishida1011 | 2018-12-10 21:28 | 山旅 | Comments(1)
2017年 11月 16日

〔Day5〕John Muir Trail4

c0266710_22384156.jpg

"簡単には脱出させまい"

シエラネバダがそう目論んでるかのような渡渉の連続。
集中と緊張の繰り返し。最後まで気が抜けなかった5日目。








read more

by ishida1011 | 2017-11-16 00:54 | 山旅 | Comments(2)
2017年 11月 09日

〔Day4〕John Muir Trail4

c0266710_20563082.jpg

何かに試されていた気がする。

雄大な景色の一方、残雪、渡渉、道迷い。
油断したら大変な目に遭いそうな気がしていた。








read more

by ishida1011 | 2017-11-09 00:24 | 山旅 | Comments(0)
2017年 11月 02日

〔Day3〕John Muir Trail4

c0266710_20190209.jpg

"楽しみ"を見出す。

変化してゆく風景は勿論、
お気に入りの音楽を流したり、
マーモットや鹿、リスを探したり。

過酷な状況を楽しむ為にアンテナを前向きに。








read more

by ishida1011 | 2017-11-02 00:23 | 山旅 | Comments(0)
2017年 10月 29日

〔Day2〕John Muir Trail4

c0266710_21112881.jpg

21世紀最大の積雪だったとか。

今まで経験してきたJMTとは別世界。
想定外の障害に少ない知恵を絞る2日目。







続きを読む

by ishida1011 | 2017-10-29 00:15 | 山旅 | Comments(0)
2017年 10月 22日

〔Day1〕John Muir Trail4

c0266710_09103514.jpg

毎年思う。初日が一番ツライ。

心と体がウィルダネスに馴染まず、跳ね返される。
高山病 + 残雪 + 強烈な陽射し = シエラの洗礼。







続きを読む

by ishida1011 | 2017-10-22 21:37 | 山旅 | Comments(0)
2017年 10月 15日

〔移動編〕John Muir Trail4

c0266710_09232147.jpg

未だ模索中。

John Muir Trailのトレイルヘッドに向かう効率的なルートの話。
意気揚々と予約した3ヶ月前の自分を恨んだ移動に伴う一部始終。






続きを読む

by ishida1011 | 2017-10-15 09:05 | 山旅 | Comments(0)
2017年 10月 07日

〔準備編〕 John Muir Trail4

c0266710_22400495.jpg

JMTを歩いたのはもう3ヶ月も前のコト。

instagramにもポストしたし、今更感しかないけど
思うトコロがあってblogに書き記しておくことにする。






続きを読む

by ishida1011 | 2017-10-07 22:00 | 山旅 | Comments(0)
2016年 12月 06日

〔Day-5〕John Muir Trail3

c0266710_18470986.jpg

フローレンスレイクから
シエラネバダの山々を振り返る。

「あんなトコを歩いていたのか」改めてビックリ。
同時に達成感と安堵感、嬉しさと寂しさが綯い交ぜに。








続きを読む

by ishida1011 | 2016-12-06 21:40 | 山旅 | Comments(4)